青草を結ひ束ねてぞ蓑笠と作り初めます須佐之男の神♪ ~校定石見神楽台本「大蛇」
月別ログ_2006年10月分
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西村社中さん夜明け舞in唐鐘(浜田市)其の弐 (2006/10/31)


八幡を観終わって、次は何かなっと思っていると突然ひょうきんな顔をした人物が舞台上に登場した。
手には小さな鼓を持っている。
そうです、かっ鼓が始まったのです。
私はこの演目を今まできちんと見たことがありませんでしたので、
今回きちんと観ることができたことは大変喜ばしいことでありました。

この舞、ひょうきんな顔に似合わずかなり複雑で独特な舞の型をしていました。
かなり、上手な方が舞われているのではないでしょうか?
私の想像が確かならばきっとそのはずです。
サーカスの道化師が実はかなりのテクニシャンだったりするというそんなノリでしょう。
彼は色々と試行錯誤しながらこの鼓を一番適した場所に置かなければなりません、そのナイスなスポットで鼓を打ち鳴らせば天下泰平、国家安穏と鳴り響くといった話だったと思います。(違ってたらすいません)

そして、彼がようやくナイススポットに鼓を置いたところに登場するのがこの方です。
kirime1.jpg

この方は切り目の王子とおっしゃるかたです。
かっ鼓さんと対照的にこの方はかなりのイケ面ですねっ!
舞の方もかなりの男前振りを発揮した華麗な舞が続きます。
この方が置かれた鼓を打ち鳴らされて、天下泰平の響きがこだまするというわけです。
素晴らしいコンビですね♪

このお二方のおかげで、鎮守の杜にも天下泰平の音が響き渡り、夜はさらに更けていくのでゴザイマス☆
スポンサーサイト
ページ上部に戻る▲
ゴリズム © ゴリンコ 2006. (http://gorinko.blog80.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。