青草を結ひ束ねてぞ蓑笠と作り初めます須佐之男の神♪ ~校定石見神楽台本「大蛇」
月別ログ_2006年11月分
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西村社中さん夜明け舞in唐鐘(浜田市)其の四 (2006/11/02)


連日に渡って10月28日に奉納された西村社中さんの画像を紹介させていただいております。

今日ご紹介する演目は八十神でございます。
写真を見てください!
なんの説明もいりませんね。
面白すぎる顔です。
飛び道具ですね!
ガッツン、ガッツン命中してきます。

このおもしろ兄弟二人が大国主と八上姫との仲に嫉妬して戦いをしかけていくのです。

この二人のフリートークのような場面があるのですが、浜田弁丸出しの本当に笑える内容なのです。

顔だけでも笑いを取れるのに、仕草やトークでも笑いを取ってくるので、見ている私は撮影もできずに大笑いといった感じです。

しかし、このおもしろ兄弟それだけではないんです・・・。

後半の合戦シーンとなるとごろりと変わって、このおもしろ面を取り外し、素顔となってシリアスな合戦シーンを演じるのです。
しかも、かなり激しく、テクニカルな内容となっております。
このギャップがたまらなくかっこ良いのですねぇ☆

私はこの演目を観るときはいつも、このおもしろ顔の下に、どんなシリアス顔があるんだろうかと想像しながら楽しんでいます。
当然、面の下もおもしろ顔・・・。
といったこともあるのでしょうが、西村社中さんはかなり渋めの男前がシリアス顔で演じられていたので前半とのギャップがかっこ良かったですよ。

イカツイ男がたまに優しい仕草をみせるなどのギャップはおおむね女性に好評だといいますが、それならこのおもしろ兄弟も神楽界モテル男ランキングでかなりの上位に食い込んでくるはずである。
スポンサーサイト
ページ上部に戻る▲
ゴリズム © ゴリンコ 2006. (http://gorinko.blog80.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。