青草を結ひ束ねてぞ蓑笠と作り初めます須佐之男の神♪ ~校定石見神楽台本「大蛇」
月別ログ_2006年11月分
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
後野社中さん大元神社奉納~其の参 (2006/11/29)


またまた登場!
後野神楽社中さんの福井大元神社での夜明け舞の様子を紹介したいと思いまっす♪

今日の演目は、「頼政」です。
源頼政公の鵺退治をテーマにした神楽です。
お猿さん達が登場したり、妖怪「鵺」が登場したりで、
なかなかエキサイティング度の高い演目でございます。

私が思うところ、後野社中さんの「頼政」、最大注目ポイントは、
使用される面のオリジナリティと完成度の高さだと言えると思います。
初めて「頼政公」と「鵺」の面を見たときの衝撃はかなりのものでした。
他では見たことのない・・・。
この言葉がそのままそっくり当てはまるのではないでしょうか。
 
後野社中さんの頼政公はかなりのご年配なんですね!
重ねてこられた歴史の深みを感じさせてくれる。
そんな面相になっております。
普通、使用される頼政公の面は、働き盛りの四十代ぐらいなんですが、
この頼政公の威厳はただものではありません。
20061129085014.jpg

そしてこちら!
鵺なんですが、こちらも他では見たことの無いような独特の鵺です。
猿の顔をベースに作られた鵺面が使用される事が多いのですが、
こちらの鵺面は完全オリジナルの大迫力面になっております。
似ている面を他で見たことはまずないですね。
この不思議生物感はかなり得点高いでっす!
金色一色で何処を睨んでいるのか分からないような眼球はかなり不気味です。
この日は、宮舞という事もあり、かなり近くからこの面を観る事ができましたので、非常にヨロシかったです。
一度見ると、また見たくなる!
ハマリ度かなり高し!
後野神楽社中さんの「頼政」を紹介させて頂きました。
スポンサーサイト
ページ上部に戻る▲
ゴリズム © ゴリンコ 2006. (http://gorinko.blog80.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。