青草を結ひ束ねてぞ蓑笠と作り初めます須佐之男の神♪ ~校定石見神楽台本「大蛇」
月別ログ_2006年12月分
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神楽衣装小袋ゲットだぜぇ~い♪ (2006/12/16)
昨日、実家の両親からお餅を頂けるという事で、お言葉に甘え、浜田に少し帰らせて頂きました。

いや~、正月準備というやつですなぁ。
餅と数の子が無いと正月は始まりませんなぁ。
餅はゲットしたのですが、数の子はまだでありますので、浜田の両親か、広島の両親のどちらかから貰えはしないだろうかと期待に胸を膨らましているのでございます。

正月といえば、うれしい情報を発見いたしました。
去年の正月に引き続き、私の大好きな周布青少年保存会さんが正月二日に広島で公演をしてくれるらしいのでっす。

時間などの正確な情報はまだ得ていないのですが、広島市のイズミ祇園店さんで舞われるようです。
正月から石見神楽が、しかも広島で見れるなんぞ嬉しい限りです!
お屠蘇気分で神楽見物なんぞを満喫したいと思いまっす!
その時は妻に運転してもらうと致しましょう。
この場を借りて言っておきましょう。
頼んだよmdkちゃん♪

タイトルの画像で私が嬉しそうに持っているは他でもありません。
昨日、浜田に帰った際に立ち寄ってみたお魚センターで売っておりました、神楽衣装小袋です。
貼り付けてあったシールに記載された情報によりますると、どうやら携帯電話のケースらしいのですが、私の携帯は少々横幅が広いもんで、
収納出来ませんでした・・・。

妻の携帯はピッタリと収まるのですが、試しに「いる?」と尋ねたら、「いらない・・。」と静かに言ったので、あげませんでした。
「いる!」と言われてもあげなかったでしょうが、多分言わないであろうから言ってみたのであります。
この小袋は小物入れとして使う事といたしましょう。

もう少し大きくて、口にジッパーかボタンが付いて中身が落ちない設計になっているニュータイプの開発が待たれます。
大きく心を動かされた神楽衣装小袋、ニュータイプが開発されたら爆発ヒット商品となること間違いなしです。
お魚センターに訪れた多くの観光客の手に神楽衣装小袋が握られている日もそう遠くはないでしょう。
スポンサーサイト
ページ上部に戻る▲
ゴリズム © ゴリンコ 2006. (http://gorinko.blog80.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。