青草を結ひ束ねてぞ蓑笠と作り初めます須佐之男の神♪ ~校定石見神楽台本「大蛇」
月別ログ_2007年05月分
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西村神楽社中祝30周年記念公演8 (2007/05/26)


おはようございます。
少し間が空いてしまいました。
なんと間抜けなワタクシでございましょうか。

さて、西村社中さん記念公演を紹介させていただいてきましたが
残る演目も二つとなってしまいました。
本日、紹介させていただく演目は「恵比寿」です。
祝い事には欠かすことの出来ない和やかな舞です。
1.jpg

この日は、紅白の祝い餅もたくさん撒かれ、大人も子供も大変盛り上がって
おりました。
ウチの両親なんかも「恵比寿さん」の撒く飴を本気で欲しがるもんなぁ・・・。
それはもう必死です!

3.jpg

釣り糸をたらしまして。
4.jpg

まだかな、まだかな・・・。
この仕草がたまらなく可愛らしいのですねぇ。
面の下はおじさんかもしれないのに・・・。
そんな事は微塵も感じさせない。
素晴らしい演技でした。
2.jpg

「来い、来い、来い」
と、手招きをしているように見えます。
鯛だけでは無く、みんなの「福」も呼び寄せて下さっているのでしょう。

最後にタイトルの画像にあった「祝結成三十周年」の垂れ幕を釣り上げて、
非常に和やかな雰囲気に会場を包んで「恵比寿さん」は帰って行かれました。
私も数個の紅白餅をゲットすることができ、当日用事で来れなかった妻に良いお土産が出来ました。
翌日、お雑煮にして美味しくいただきました。
残る演目も「大蛇」を残すだけとなりましたが、今日はここまで。
では

ドロン!
スポンサーサイト
ページ上部に戻る▲
ゴリズム © ゴリンコ 2007. (http://gorinko.blog80.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。