青草を結ひ束ねてぞ蓑笠と作り初めます須佐之男の神♪ ~校定石見神楽台本「大蛇」
月別ログ_2007年11月分
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日脚神代神楽社中さん福井大元神社奉納~8 (2007/11/30)


指の腫れがだいぶん治まってまいりました。
ゴリンコです。
昨日は篠笛の稽古に行ってまいりました。
なかなか師匠のような澄んだ柔らかい音にならず苦心しております。
今年中に綺麗な音が鳴るのかなぁ・・・。

それでは、今朝も寒いですがホットな日脚神代神楽社中さん福井大元神社奉納からの
画像を紹介させていただきます。
今日の演目は「道返し」でっす♪
合戦の末、武甕槌命の力に恐れをなした悪鬼が命乞いをして許してもらうという筋の舞です。
20071130082106.jpg

こちらが武甕槌命です。
力強い表情の中にも知性と気品を感じさせてくれる素晴らしい御面だと思います。
陣羽織の下の衣装の色が白だという事も気品のアップに一役かっているのかもしれません。
もちろん、舞も堂々と気品にあふれ大変素晴らしいものでした。
20071130082136.jpg

悪鬼でっす!
まだ勝つ気まんまんです。
ガシッと武甕槌命を睨みつけております。
20071130082122.jpg

鋭く迫ってくる悪鬼を御幣と鈴で迎え撃つ場面が私は大好きです。
剣にはペンで闘うみたいな
ねっ・・・。
暴力には文化で対抗みたいな
ねっ・・・。
ワタシの妄想でしょうか

しかし、この場面が大好きなのでっす!
ペンは剣より強し
肉体派文科系、ゴリンコがお伝えしました。
スポンサーサイト
日脚神代神楽社中さん福井大元神社奉納~7 (2007/11/29)
20071129085241.jpg

冬用タイヤを購入したばかりだったのに、
一週間も経たないうちに何かを踏んだらしく
パンクしてしまいました・・・・。
昨日一日、悲しみに沈んでおりました。
ゴリンコでっす(--)
今日は一日元気を出して行ってみましょう。

日脚神代神楽社中さん福井大元神社奉納から今日ご紹介するのは
「鐘馗」でっす☆
日脚社中さんの「鐘馗」はとにかくかっこ良い!
大好物です。
特徴としては男鬼の面を使用するのではなく、般若の面を使用し
非常に鋭く、睨みの効いた舞であるという事が挙げられると思います。
この般若の面も非常に歴史があり、享保年間に彫られた木彫面という事です。
迫力ありますよねっ!

20071129090032.jpg

この疫神を舞われている方がまたウマイ!
私、大ファンでございます。
指先まで気迫がこもった舞で、ぷるぷると体を震わせながら登場してくる場面は鳥肌が立つほどのおどろおどろしさです。
20071129090053.jpg

妻もこの「鐘馗」を見てから日脚社中さんの大ファンになりました。
静かなる狂気というのでしょうか
一度見るとしばらくは頭に残るような
素晴らしい舞です。
20071129090118.jpg

その迫力満点の疫神も最後にはこのようにコロット倒されてしまうので
鐘馗さまの力は相当強いのでしょう。
その疫神祓いのお力によって私の体もしっかりと守られている事を祈っております。
来年も「健康第一」
体が資本のゴリンコでした。
日脚神代神楽社中さん福井大元神社奉納~6 (2007/11/27)


昨日、眠っておったところ
寝相が悪くベットから落ちてしまい
そのまんま寝ておったのですが
起きてみると、左手の親指の付け根が非常に痛むのでっす!
なにやら腫れておるようでもありますし
多分落ちた時にグキッといってしまったのでしょう
寝ぼけた私は「指がウーッとなった」と妻に訴え続けていたようです。
そんなこんなで本日も日脚神代神楽社中さん福井大元神社奉納の
画像をご紹介させていただきまっす☆
本日の画像は「四神」だよ。
20071127143214.jpg

この舞が始まる前に、日脚社中の方が「いつでも舞う演目ではないので今日ここに居る人は運が良いですね」というような事を言われておりました。
確かに、記憶に残っている限りでは日脚社中さんの「四神」を見るのは初めてだったような気がしますので、この夜、私もそんな「ラッキーガイ」の一人になれたというわけです。
20071127143231.jpg

「四神」は鬼が登場するような、いわゆる派手な舞ではなく、
荘厳、粛々とした儀式舞といわれる舞です。
しかしながら、後半はかなりアップテンポで早く、複雑な動きになってゆくので、見ていて大変おもしろく、綺麗な舞です。
それだけに、この舞を舞われる舞子さんはかなりの技術を必要とされるのではないでしょうか。

早い動きの所をバッチリと撮影したかったのですが、動きが早いだけにすべてブレブレになっておりました。
設定が悪かったのか、腕が悪いのか・・・・。
来期に期待・・・。
と広島カープのような事を思っております。

ゴリンコでした。
日脚神代神楽社中さん福井大元神社奉納~5 (2007/11/26)


昨日は浜田市の「日本石見神楽大会」に行ってまいりました。
遠方からの団体バスツアーの方などもおられたり致しまして
大変な盛り上がりを見せておりました。
世界遺産の銀山効果で石見が熱くなっておるのでしょうか。
画像の掲載が許可されれば、また日を改めて紹介したいと思います。

それでは、日脚神代神楽社中さん福井大元神社奉納の続きでっす!
本日は「日本武尊」です。
ワタクシこの数年、この「日本武尊」と「八十神」にはまっておりまして
神楽に行くと、この演目が上演される事を心待ちにしておるのです。
チャリの部分の滑稽さと立ち合いの部分の迫力との合わせ技で
まさしく一粒で二度おいしいエキサイティングな舞なのでっす☆
yamato2.jpg

「兄ぎし」です。
yamato3.jpg

「弟ぎし」です。

非常によく似たブラザー達なので逆だったらごめんなさいね♪

yamato4.jpg

「ひとこ」の神です。
賊首とも呼ばれます。
通称、「だんさん」です。
おそらく旦那さんという事だと思います。
うちの両親などは「だんさん、だんさん」と親しみを込めて呼んでおります。
日脚社中さんの御面には歴史のある面が多数ございますが、
こちらの「ひとこの神」の面も室町時代末期に製作されたとされる木彫り面で
大変珍しいものだそうです。
石見神楽の宝ですね!
yamato5.jpg

「ひとこの神」に知恵と武器を授かり、謀略をめぐらせるブラザー達です。
yamato6.jpg

「いざや立ち合い、勝負を決せん!」
という事でございまして日脚神代神楽社中さん福井大元神社奉納より「日本武尊」でございました。
それではまた。
ゴリンコでした。
日脚神代神楽社中さん福井大元神社奉納~4 (2007/11/23)
20071123174522.jpg

どーもでっす!
ゴリンコです。
先日スーパーの鮮魚コーナーを覗いて見ると生のシャコがありました。
シャコといえば鮨ネタで茹でてあるのを見たことがあるくらいで、
生で殻の付いたままで見るのは初めてでした。
しかもまだ手足をバタバタさせてまだ生きている状態だったので
これは旨いに違いないと早速購入
塩茹でにして食べてみました。
海の香りが鮮烈で非常においしかったでっす。
ハマッテしまうかも。

それでは引き続き日脚神代神楽社中さん福井大元神社奉納の画像を紹介させていただきます。
今日の画像は「塵輪」です。

私、日脚さんの舞いはどれも大変好きですし、当然それぞれの舞を舞っておられる
舞子さんも非常に大好きです。
しかし、実を言うとその中でも特に好きな方がいるのです。
ファンだと言って間違いないと思います。
そうなのです、ファンなのです・・・・。
三人ほどいらっしゃるのですが、その中の一人が
この方です。


20071123170253.jpg

この方の舞は非常に品があり、動きが柔らかく
決める所はバシッと決まって非常に美しいのです。
この画像からも首と体が良い感じの角度でクイーット動いてゆく感じが分かると思います。
主に神舞を舞われている方だと思うのですが、
この方の道真公や大国主も最高なのですよ。


20071123170338.jpg

こちらの般若も眼光鋭く迫力満点でした。
子供の頃だったら、出て来た瞬間、神社の階段を駆け下りた事でしょう。
しかし最近の子供は強いというかなんというか、あまり鬼を怖がっている子が
おりませんなぁ。
私が子供の頃は鬼を見て泣いている子や、逃げる子、私のように階段を駆け下りる子などがいたような気がするんですが・・・。
鬼よりももっと怖い事が色んな所に溢れていて、抵抗力が強くなったのかもしれません。

それではまたお会いしましょう。
ゴリンコでした。
日脚神代神楽社中さん福井大元神社奉納~3 (2007/11/21)
1.jpg


インフルエンザが流行っているらしいです。
先日、会社で予防接種を受けましたので多分大丈夫でしょうが、
抗体が出来るまで幾日かかかると聞いたこともあるので心配です。
まぁ大丈夫でしょう。

本日は引き続き日脚神代神楽社中さん福井大元神社奉納からの画像を
紹介します。
今日の画像は「鞨鼓・切目」です。

愛嬌のあるお顔と舞の独特な所作が印象的な舞です。
幼少の時分は鬼の出る派手な舞に夢中で、あまり好んでは見なかった様な気がするのですが、大人になると当然ながら嗜好も変わるわけで、
今は大好きな演目です。
2.jpg


こういう一種独特な所作を舞い上げる事は大変な技術がいる事だと思うので、
ある意味、腕の見せ所といった舞なのかもしれません。
3.jpg

切目の王子の舞は優雅ながらも、後半になるにつれ動きも激しくなり、
太鼓を打ち鳴らす仕草のところなどは非常にダイナミックで見ていて惚れ惚れします。
写真もたくさん撮影したのですが、動きの激しいところは全部ブレてしまっておりました。
残念・・・・。
まだまだ修行が足りないみたいでっす・・・。
鬼舞の首振りもブレてしまうんだなぁ。

まだ自分の手が震えていない事を祈るゴリンコでした。
日脚神代神楽社中さん福井大元神社奉納~2 (2007/11/20)


こんばんは!
ゴリンコです。
今日は日脚神代神楽社中さん福井大元神社奉納より「八幡」の画像を紹介させて頂きます

私事ではございますが、子供の頃より大の日脚ファンでございまして、
日脚さんが舞われるあのダイナミックで繊細な舞が大好きなのでございます。
一昨年に国分の夜明け奉納に行かせてもらってからは久々の奉納舞でございまして
ものスゴック楽しみにしておりました。
やはりそこでは私の好きな日脚の神楽が舞われており、やっぱり来て良かったなぁと
しみじみと感慨に耽ったわけでございます。

日脚社中さんが使用される御面はオリジナリティーの溢れた独特なものが多く
歴史を感じさせてくれる素晴らしいものばかりです。
どの御面も好きなものばかりなのですが、「八幡」の神面も鬼面も例外ではなく
私は大好きです。
20071120174129.jpg

こちらの神面をかぶって腰をグッと落とし体を前方にズイーット移動される舞の仕草が
堪らなく格好が良いのですなぁ☆
「八幡」の舞の序盤で神が登場していきなり見ることができる動きなのですが、
いよっ!
待ってました!
と言わんばかりに気持ちが盛り上がってきます。

やっぱり来て良かったなぁ!
やはりこの一言に尽きます。
例え明け方寒風により体が冷えようと
強い風に晒されようと
帰りの道中に運転しながら睡魔に襲われようと
辞められないのですなぁ・・・・。


それではまた
ゴリンコでした。
日脚神代神楽社中さん福井大元神社奉納~1 (2007/11/19)


今朝はホント寒かった!
暑がりで寒がりなゴリンコでっす☆

17日の土曜日の夜から朝にかけて浜田市の福井大元神社で
日脚神代神楽社中さんによって奉納されました神楽に行くことが
出来ました。
浜田に到着しまして、夕日パークに車を停めたのですが、
出た瞬間物凄い風でございまして、今晩はかなり冷えるのだろうなと
ビクビクしながら歩き始めました。
実際、朝まで強い風が吹いており、かなり冷え込んだのですが、
境内はやはり神楽の熱気に包まれており、非常に楽しい一晩でした。

この夜の模様を何日かに分けて紹介させていただきたいと思いますが、
日脚神代神楽社中の方の許可を頂いて掲載させて頂いているものですので、画像の転用など無い様によろしくお願い致します。

神社に到着したら「神迎え」が奉納されておりました。
11.19.2.jpg

鬼などは登場せず、神様を迎え入れるという儀式舞です。
この舞の神楽歌が私は大変好きで、これを聞くと「これから神楽な一夜がはじまるのだな」とテンションが上がって来ます。
この日特に感じたのですが、大太鼓の音が非常に太く響いておりまして、疾走感のあるリズムと絡み合って非常に迫力がありました。
この感じがゾクゾクとたまらないんですなぁ。

続きはまた明日(←あすか風)
では
ゴリンコでした。
泉谷しげるを見てきたぞい。 (2007/11/17)


昨日とは打って変わってのすこぶる良い天気。
行楽を満喫されておる方も多いのではないでしょうか。
ゴリンコです。

テレビを見ておりますと、広島ガス展なるもののCMをやっておりまして、
今日、泉谷しげるがこの会場でのイベントに登場すると申しておりました。
たった三十分の歌なしトークショーらしいのですが、やはり見てみたい、生で話が聞いてみたいと思い、妻と二人で行ってまいりました。

泉谷さんはブラックジーンズに白のシャツ、ブラックレザーのジャケットとなかなか格好のよい方でした。
登場した時、ワタシは妻に「カッコ良いね」と興奮気味に申したところ、
妻は冷静に「テレビと同じだね」と言っておりました。
確かにそうではあるのです・・・・。

トークの方も遅れて入ってきた客席のオバサンに突っ込んでみたり、水を撒いてみたりといつもの暴れぶりだったので、ホホウ、地方だからといって柔らかに手は抜かないんだなぁと思い、よっ!泉谷!と心で拍手でした。

帰り際にガス展に関するアンケートに応え、記念品のお好みソースとポテトチップスをもらって帰ってきたというわけでした。
おしまい、おしまい。
少し良いおじさん・・・・。 (2007/11/16)


最近、少し良いおじさんを目指してウオーキングをやっております。
チョイ悪なおじさんでは無くて、少し良いおじさんでっす!
このままでは中年太りなおじさんになってしまうので・・・。
少し血圧の高いおじさんにもなってしまうので・・・。
すぐに筋肉痛になってしまうおじさんにもなってしまうので
なにか運動をと思い立ち、お金のかからない散歩にする事にしました。
小一時間のコースではありますが、好きな曲を聴きながらひたすら歩いていると頭の中が空っぽになってなかなか清々しい心持でございます。
ビリーザブートキャンプなどもやっておったりしたのですが、
段々とゴリラ的な体にビルドアップされていくような気がして辞めてしまいました。
エクササイズ中にビリーバンドを壊してしまったという事もあるのですが・・・。
まぁ比較的に楽チンな散歩を選んだわけです。
今のところあまり効果は実感出来ませんが、体重も増えてはいないのでまぁ良しとしましょう。

散歩コースの途中に綺麗な紅葉が色付いておりました。
車で通り過ぎると余り目にも止めないと思うのですが、歩いておると何かと目に止まり、新しい発見もあるのでっす♪
あいにくの曇り空だったので少々暗い写真になってしまいましたが、
晴れた日には結構綺麗なのですよ。
では。
柳沢慎吾が好きだっ!! (2007/11/15)


今、慎吾ちゃんがとても熱い!
香取の慎吾さんではなくて、柳沢の慎吾ちゃんである。
番組の司会をするではなく、映画の主役を張るでもない。
しかし、テレビに彼が登場すると
場面が急激にヒートアップしてくる。
それが見ていてヒシヒシと感じられる。
そんな瞬間がワタシは好きだ。
そしていちど話を振られると待ってましたと言わんばかりにずっと話し続ける!
慎吾ちゃんの得意な形態模写を交えてのネタは何度見ても笑ってしまう。
散々しゃべくり倒した後に満面の笑みを見せながら放たれる
「あ・ば・よ・・・。」
の捨て台詞はわたしの心の殿堂入りを果たしている。

ライブのDVDも発売されているが、その中に入っている「若山富三郎」
「渡哲也」「舘ひろし」のネタは絶品である。
レンタル屋さんなんかで見つけた時は必ず手にとって見てください。
必見です。

そんな慎吾ちゃんがメインを張っている「人気もん!」という中国地方限定番組が日曜の朝9時から放送されていまっす!
全国ネットで大暴れしている慎吾ちゃんとは一味違った落ち着き?!
を楽しむことが出来ますよ。

それでは
ちゃぁ~っっ・・・・。
弟子入りでごんす! (2007/11/14)


新年の目標として、笛を吹けるようになる事を掲げておりましたが、
全くものにならず
理屈も分からず
どうしたものかなぁ
と途方に暮れておりましたが・・・・。

素晴らしいご縁がありまして
知人に邦楽の御師匠さんを紹介していただきました。(有難う、大感謝でっす)
早速、稽古に付いて行き、その日に弟子入りを決めさせて頂いた訳でございます。

石見神楽の笛とは少し形状が異なる(穴が多いんだなぁ・・・。)篠笛という笛でございます。
早速、吹いてみたのですが、スースーというだけで全く音が出ません!
どうなる事やらと思っておったのですが
先日くらいから、少しづつ音になってきた模様
師匠さんにも何回も教わったのですが
どうやら口の形(フォーム)がとても大切だという事なのです。
fue2.jpg

私の吹き方では音になる息より、漏れて雑音になっている音の方が多いという事なのでっす。
風の通り道が少し開きすぎているのではというアドバイスに従い
口角を引き締め、口を尖らせないように気を付けつつ
優しく細い息を吹き出す。
この最近はテレビを見ながら、歩きながら、そして布団の中でなど
思い立ったらこの口をして優しく息を吹き出しておるので
さぞ不気味なことだろう・・・・。

いつの日か綺麗な音が篠笛から発される事を夢見ながら
今日も優しく息を吹きかけているのである。
紅葉の秋だっす! (2007/11/13)
紅葉

ずいぶんと朝晩冷え込んでまいりました。
昨年に引き続き恒例の紅葉狩りに行ってまいりました。
まだ若干早かったのか緑の葉っぱのほうが目立っておりましたが、
愛犬を引き連れて二時間くらいの散策を楽しめました。
この犬さん、去年来た時は何とも無かったのですが
今年は高い所、もしくは水が激しく流れる所が怖くなったらしく
時折、地面に這い蹲り歩かなくなってしまうという屁タレぶりを
遺憾なく発揮しておりました・・・。
来年はどうなっておりますことか。
逞しく育って欲しいものであります。

今年の秋祭りは結局今のところ一ヶ所しか行けておりません。
先日、芸北で行われた「周布青少年保存会」さんの奉納に行かしていただいたのみです。
カメラを持っていったのですが、原因不明のトラブルで撮影できず・・・。
残念な事でございました。
しかし、舞いのほうは素晴らしく
特に初めて鑑賞した周布さんの「八十神」はとてもおもしろくて爆笑でした。
また合戦が始まってからの真剣な立ち合いは迫力満点で
さすが周布さんだなぁと一人静かに納得しておったのでございます。
そんな夜明け前、神楽を見終えて広島へと車を走らせておったのですが
突然の睡魔・・・・。
こいつにどうしても勝つことができず
道端のスペースに停車して仮眠
目覚めた時
ここは何処・・・・。
私はいったい何をしているのかと
軽くパニック!
そんな一日でございました。
秋祭りのシーズンもそろそろ終わり。
今週末、時間が取れたらどっかに行ってみようかなっと。
ページ上部に戻る▲
ゴリズム © ゴリンコ 2007. (http://gorinko.blog80.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。