青草を結ひ束ねてぞ蓑笠と作り初めます須佐之男の神♪ ~校定石見神楽台本「大蛇」
月別ログ_2007年11月分
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日脚神代神楽社中さん福井大元神社奉納~5 (2007/11/26)


昨日は浜田市の「日本石見神楽大会」に行ってまいりました。
遠方からの団体バスツアーの方などもおられたり致しまして
大変な盛り上がりを見せておりました。
世界遺産の銀山効果で石見が熱くなっておるのでしょうか。
画像の掲載が許可されれば、また日を改めて紹介したいと思います。

それでは、日脚神代神楽社中さん福井大元神社奉納の続きでっす!
本日は「日本武尊」です。
ワタクシこの数年、この「日本武尊」と「八十神」にはまっておりまして
神楽に行くと、この演目が上演される事を心待ちにしておるのです。
チャリの部分の滑稽さと立ち合いの部分の迫力との合わせ技で
まさしく一粒で二度おいしいエキサイティングな舞なのでっす☆
yamato2.jpg

「兄ぎし」です。
yamato3.jpg

「弟ぎし」です。

非常によく似たブラザー達なので逆だったらごめんなさいね♪

yamato4.jpg

「ひとこ」の神です。
賊首とも呼ばれます。
通称、「だんさん」です。
おそらく旦那さんという事だと思います。
うちの両親などは「だんさん、だんさん」と親しみを込めて呼んでおります。
日脚社中さんの御面には歴史のある面が多数ございますが、
こちらの「ひとこの神」の面も室町時代末期に製作されたとされる木彫り面で
大変珍しいものだそうです。
石見神楽の宝ですね!
yamato5.jpg

「ひとこの神」に知恵と武器を授かり、謀略をめぐらせるブラザー達です。
yamato6.jpg

「いざや立ち合い、勝負を決せん!」
という事でございまして日脚神代神楽社中さん福井大元神社奉納より「日本武尊」でございました。
それではまた。
ゴリンコでした。
スポンサーサイト
ページ上部に戻る▲
ゴリズム © ゴリンコ 2007. (http://gorinko.blog80.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。