青草を結ひ束ねてぞ蓑笠と作り初めます須佐之男の神♪ ~校定石見神楽台本「大蛇」
月別ログ_2007年12月分
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本石見神楽大会6~宮乃木神楽団さん 「岩見重太郎」 (2007/12/13)



連日掲載させて頂いておりました「日本石見神楽大会」も本日をもって最終日とあいなりました。
各社中様、神楽団様、訪問頂いた方々、本当にありがとうございました。

最後を飾っていただきまする神楽は、広島県は宮乃木神楽団さんが舞われた「岩見重太郎」でっす!
今回、初めて見る演目だったので大変楽しみにしておりました。
トップの画像は白狒々です。
非常にダイナミックな動きで暴れまわっておりました。
激しかったですぞ☆
07.12.13-2.jpg

こちらが「岩見重太郎」さんその人です。
父親の仇討ちの旅の途中、白狒々に出会い、この化生を退治し、その後見事父の仇を討つという内容の神楽でした。
この神楽の後、彼は豊臣家に仕え、大阪夏の陣に参戦したという事です。
実在の人物をモデルにしてあるということですね。
07.12.13-1.jpg

こちらは仇でありますところの広瀬軍蔵さん、もしくは玄圄さんです。
最終的に殺られてしまいます。

07.12.13-3.jpg

仇討ちの旅の途中で石見の国を通りがかった重太郎は里の娘が悪しき神の生贄になりそうになっている場面に遭遇します。
この事態を憂慮した重太郎は自らが生贄の娘に化けて箱に入り、それを求めてやって来る悪神を退治しようと考えます。
07.12.13-5.jpg

娘を喰らう悪神がこの白狒々というわけです。
目をひんむいて、ガッツリとこちらに睨みを効かせます。
恐ろしいですネェ。
07.12.13-6.jpg

生贄が入った箱の上に乗っかって、どーれどーれ食べちゃうぞ!
と言っています。
私にはそう見えました。
違っていたらごめんなさい。

父と母は最近、広島の神楽にも非常に関心をもっておりまして、
宮乃木神楽団さんの舞いも大変良かったと言って喜んでおりました。
母は
す て き
と言って喜んでおりました。

さて
これからアッという間に年越しですが、皆様お体に気をつけて、楽しくお過ごし下さい。
ゴリンコでした。
スポンサーサイト
ページ上部に戻る▲
ゴリズム © ゴリンコ 2007. (http://gorinko.blog80.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。