青草を結ひ束ねてぞ蓑笠と作り初めます須佐之男の神♪ ~校定石見神楽台本「大蛇」
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西村社中さん夜明け舞in唐鐘(浜田市)其の五 (2006/11/04)


引き続いて十月二十八日の西村社中さん唐鐘奉納の写真を紹介させていただきます。

今日の演目は恵比寿です。
「恵比寿が舞われない祭りは無い」という言葉があるように(←ウソ、そんな言葉は無い)必ずと言って良いほど舞われる演目です。

神社での祭りだけではなく、結婚式やスーパーなどのイベントの時も舞われます。

とてもおめでたい神楽なのです。
私も結婚式の時に舞っていただきました。
えべっさん(恵比寿の愛称)の顔を見ているとなんだかこちらまでにこやかになってなってしまいます。

えべっさんが鯛を釣り上げるといった内容の舞いなのですが、鯛を釣る前に餌をまくという意味で飴玉を客席にまきます。
子供たちはコレを楽しみにして必死で飴をキャッチしようとがんばります!
頑張っている大人もいます。
私もがんばります。
結婚式の時などは飴だけではなく、餅をまいたりするんですねぇ。
めでたさ倍増という感じです。
鯛もいつもはイミテーションなんですが、結婚式の時は本物の鯛を釣り上げたりします。
盛り上がること間違い無しです。

私の結婚式では盛り上がりすぎて予定時間をかなりオーバーしてしまい司会者のお姉さんをヒヤヒヤさせてしまいました。
なにやら隣の会場の進行と調整をしていたみたいです。
両親への手紙などのコーナーでしんみりと感動を誘うシーンで隣から激しく鳴り響く神楽囃子という事を避けたかったみたいです。

しかし、なにか問題があったというような話しは後から聞かなかったので多分問題無かったのでしょう。
多分・・・。

なんにせよ石見の祭りに欠かせない、永遠のグットスマイル☆
えべっさんでした。
スポンサーサイト


恵比寿 大黒 。大国主の命 事代主の命よく似とるけど、典型的な、恵比寿顔じゃなあ。ええ顔しとるなあ。
田地神楽
2006/11/04 | URL |(trip@-)
編集



ほんまええ顔してますね~。
あやかりたい、あやかりたい。
ウホウホ。

(ゴリンコ)
2006/11/04 | URL |(trip@-)
編集



私、恵比寿様が客席まで降りて来て、直接、両手を重ねた手のひらの上に、飴を2つチョコンと乗せてくれた思い出があります。
拾った飴もありがたいですが、わざわざ手渡しでくれたので、当分、その包み紙を大事に持っておりました。
(Yarenoo)
2006/11/05 | URL |(trip@VEIOABK.)
編集



とても良い思い出ですね。
そのえべっさんはとても優しい方だったんでしょう。
時々、遠くのお客さんまで届くようにと思いっきり上投げするえべっさんもおられますが、この場合思いっきり顔面に命中する事があるので注意しましょう!
どちらにしてもとっても和やかな光景ですね。
(ゴリンコ)
2006/11/05 | URL |(trip@-)
編集


コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
ゴリズム © ゴリンコ 2017. (http://gorinko.blog80.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。