青草を結ひ束ねてぞ蓑笠と作り初めます須佐之男の神♪ ~校定石見神楽台本「大蛇」
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西村社中さん夜明け舞in唐鐘(浜田市)完結篇 (2006/11/09)


長期間に渡って紹介させていただいておりました西村社中さんの唐鐘奉納の模様も残すところ今日の写真のみとなってしまいました。

なにやら少し寂しいような気さえしてきます。
しかし、最後を飾るこの二枚の写真!
かなりのお気に入りでごんす。

五神の埴安大王の使いの写真なんですが・・・。

おもしろい。
おもしろすぎる。
最高だよ!
ありがとう。

と、賛辞の言葉を挙げるとキリがありません。
だいたい神楽の最後の演目といえば大蛇ですが、夜明け舞の場合この「五神」という演目が舞われます。

舞の内容はといえば石見神楽最大のスケールと言えるほど、話せば長くなるような内容の為また後日機会があればご紹介したいと思います。
難しい話は抜きにして、この使いを見ているだけで何とも和やかになります。



DSC007551.jpg

朝も六時になろうとしている時ですよ!
素敵過ぎます。
朝から焼肉でご飯三杯平らげちゃったというぐらいのボリュームです。

この方の話がまたおもしろい。
四人の神たちに石見弁丸出しでするどく迫ります。
だれも彼を止められないといった感じです。

山陰本線の始発の音が聞こえてくる中
私のエキサイティングな一日は終わろうとしていました。
いや、始まろうとしているのかな?
どちらでも同じこと、私の火照った体と心をクールダウンするには朝の冷たい空気がちょうど良かったと言う事です。←なんのこっちゃ

朝まで舞を見れて大満足でテンションの上がりきった私は、朝まで神楽を見続けて少々お疲れ気味な友を連れて、急ぎ広島まで帰ったのでありました。

我家に到着した後、さらに酒を酌み交わしながらこの日取ったビデオを三時間見続けるといった試練に否応も無く巻き込まれた友に「ありがとう」の言葉を送りたい。

五神がどのような舞なのかの説明に全くなって無かった気がしますが、どうかお許しください。

私も初めてキチンと見るまでは大蛇が終わったので帰ろう。
何やら最後に地味めな舞がはじまったなぁ。
ぐらいにしか思わず、いつも帰っていました。
しかし、最後まで見たところ感じ方がゴロリと変わりました。

こりゃ、スゴイ!
今までなして見ずに帰ってしまっていたのかと。
石見神楽の様々な要素が全てギュッと凝縮されているような演目です。

まだ、見たことの無い方は一度夜明け舞に行かれてみてはいかがでしょうか。
その時は、少し前から体調を整えておくことをおすすめします。
スポンサーサイト



1枚目の写真の埴安大王の使いの方は、どうして、股間に手を…どんな内容の会話をしていたのですか?
石見弁の会話は、ほんと面白いですよね!
面がたまらなく、愛嬌があっていいですね(^^)

今までなして見ずに帰ってしまっていたのかと。
     ↑
  「なして」も石見弁ですね(爆)
(Yarenoo)
2006/11/09 | URL |(trip@VEIOABK.)
編集



おそらく、ちょっとした下ネタをかましておられたんじゃなかったでしょうか。
理由は無くてもまさぐっておられたような気もします。

(ゴリンコ)
2006/11/09 | URL |(trip@-)
編集



あんまり覚えてないけど、ビデオ見たら
「アンタそがなとこ掻いちゃいけんよ、人がいっぱい見とんさるで」
「そがなこというてもカイーんだけ、掻くんだーな」
とかなんとかの会話があったような無かったような・・・。

(mdk)
2006/11/09 | URL |(trip@-)
編集



ゴリちゃんこんばんは、この2枚の写真を、見るとゴリンゴ殿の、性格を、垣間見るきがします。上目ずかいの、面の表情は、最高じゃ、わしも、彫りたい衝動に、駆られる。
田地神楽
2006/11/09 | URL |(trip@-)
編集



初めてコメントを書かせていただきます!
ゴリンコさん、実は唐鐘のお祭りの時僕は舞わずに神楽を見ていたんですよ。
えっと受付のすぐ横の方で写真を撮ってました。(^^♪
こんなにたくさんの画像ありがとうございます!!
また機会があれば是非西村の舞を見に来てやってくださいね。

それでは失礼します!
(サトシ)
2006/11/09 | URL |(trip@1z/OdQ36)
編集



ゴリンコさん、夜明かしブログお疲れさまでした。毎日楽しみに覗いてました。また上演があるときは今度は楽屋にでもご招待致しましょう。
また、お気に入りの他の社中さんの神楽風景なども楽しみにしています!
(KAO)
2006/11/10 | URL |(trip@SFo5/nok)
編集



田地さん>おちゃめな私を垣間見て頂けましたでしょうか。
この面本当に表情豊かですよね、舞っている方が本当にこんな顔なんじゃないかとさえ思えてきます。
次回、彫られる面楽しみにしていますねっ♪

サトシさん>初コメント本当にありがとうございます。
ホントうれしいよ私は!
唐鐘では観客席におられたんですか!
私たちも受付の近くにいたんですよ。
前の方で熱心に写真を撮影されていたかたがおられましたが、あの方がひょっとしてサトシさんでは・・・。
頼政の子猿にカメラを奪われてましたよね。
西村社中さんの舞いはずっと楽しみにしていますので、どこかで顔を合わせる事があったらよろしくお願いします。

KAOさん>たくさん写真を使わせていただいて本当にありがとうございます。
また会えるとうれしいです!
他の社中さんの写真なども掲載したいと思っていますのでまた覗いてやってくださいね☆
HPを持たれている社中さんは掲載許可の問い合わせがしやすいですのですが、持たれていない社中さんは直接GOしなければいけませんもんね!
奉納中はみなさん忙しそうで・・・。
そんな機会があったらジャマにならないように、勇気を出してGOしてみましょう♪
(ゴリンコ)
2006/11/10 | URL |(trip@su7LfdQk)
編集


コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
ゴリズム © ゴリンコ 2017. (http://gorinko.blog80.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。