青草を結ひ束ねてぞ蓑笠と作り初めます須佐之男の神♪ ~校定石見神楽台本「大蛇」
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
後野社中さん大元神社奉納~其の十二 (2006/12/10)


みなさんこんばんは!
今夜は大盛飯を絶対食べると決めているゴリンコです。
みんなもお腹が空いてくる時間帯なんではないでしょうか?
おいしいご飯を食べてくださいねっ☆

今日、ヤボ用があって家電量販店に言ってまいったのですが、辿り着くまでに大渋滞!
ボーナスが出て初めの週末だからかもしれませんが、すごい人で賑わっておりました。
景気が回復しているのでしょうか。
それとも普段通りの年末商戦なのでしょうか。
私には良く分かりませんが、閑散としているより賑わっていたほうが良いような気がなんとなくします。
「年末だもの」

後野社中さん大元神社奉納の模様をお伝えしております。
残り二演目となってしまいましたが、さっそく行ってみよっと♪
今日の演目は「大蛇」です。

説明するまでも無いでしょう、日本神話でもっとも有名な物語ではないのでしょうか。
石見神楽の演目の中でも誰もが知っている演目ですね。
祭りや大会で大蛇が舞われない事はほとんどありませんね。
シメの一発というやつですなぁ。
そのまた後に強烈なシメが用意されている事も有りますが。

須佐之男命がいかにして大蛇を退治するのか。
その過程の演出が、社中さんごとに異なり、それに注目して見るとより楽しめるのではないでしょうか。

一枚目の写真にありますように、大蛇の口の中に(もちろん通常は演者の顔が入っていますね)剣を気合もろとも突き立てるところが私は最高に好きです。
他の演目でも言える事ですが、後野社中さんのキメポーズは切れがあり、決める所はガッチリと決めてくるといった感じで格好が良く、見ていて気持ちが良かったです。
20061210192044.jpg


須佐之男命が何種類かのパターンで多彩に見せてくれる「キメっ!」のポーズが素敵です。
思わず、よっ日本一!
と声をかけたくなってくるのは私だけでは無いはずでっす!
スポンサーサイト

コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
ゴリズム © ゴリンコ 2017. (http://gorinko.blog80.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。